So-net無料ブログ作成
検索選択
週刊少年サンデー ブログトップ
前の1件 | -

ちいさいひと青葉児童相談所物語|児童虐待の現実がここにある [週刊少年サンデー]

児童虐待、それは今や珍しい話ではなくなりつつあります。

親が子供を手にかける事件も多く報道され、中には生まれてそのまま遺棄される事件も。

何もわからず、ただ親を信じていた子供たちは死の間際に何を思ったのか。

想像するだけで胸が締め付けられます。

身近に子供がいない人にとっては児童虐待とはどのような事が行われているのか、想像がつかないかもしれません。

また、子供達を守る児童相談所とは一体どんな事をしているのか。

それらがらどこまでもリアルに描かれた作品が「ちいさいひと 青葉児童相談所物語」です。

主人公は新米の児童福祉司・相川健太

彼が虐待にあっている子供達を全力でサポートし、救っていく物語です。

珍しいのはこういった子供がメインの作品でありながら、主人公が男ということ。

しかし、だからこそ男性も共感できる部分が多く、読みやすい作品に仕上がっています。

健太が児童相談所に配属されたちょうどその頃、所内ではある姉妹が問題となっていました。

中々、親に面会できず子供の安否も不明な姉妹。

実は彼女達は母親によってネグレクトを受けていたのです。

アパートに閉じ込められた幼い姉妹

姉はまだ小学校に上がる前、妹はオムツを履きベビーベッドで生活しています。

ドアにチェーンをかけられて外に出ることは叶わず、母親はたまに弁当を隙間から差し入れるだけの世話しかしません。

幼い妹の世話をしながら生きる姉の希望は母との約束ただ一つ。

いい子にしていたらランドセルを買ってあげる。

その言葉を信じ、姉は今日を生きています。

しかし、母親は自分が男と暮らしたいがために姉妹を見殺しにしようとしていて…

果たして健太は幼い姉妹を救えるのか!?

悲惨な生活の描写はリアル過ぎて吐き気を感じるほど。

また、子供達はどんな状況でも親を信じています。

それがまた、リアル過ぎて胸が苦しくなるのです。

フィクションでありながら、現代の児童虐待の真実を見事に映し出したこちらの作品。

今、日本ではこんなことがおこっています。

どうぞ目をそらさずに最後までご覧下さい。

>>ちいさいひと漫画あらすじ

共通テーマ:コミック
前の1件 | - 週刊少年サンデー ブログトップ